1人ビジネス・小さな会社に役立つ経営&販促ノウハウ

中小企業の経営者&1人起業家にお勧めの「本当は教えたくない1冊」のご紹介

中小企業の経営者&1人起業家にお勧めの「本当は教えたくない1冊」のご紹介

 

こんにちは、高田です。

 

中小企業の経営者や1人起業家の方にお勧めの書籍があります。

 

実はこの本、コンサルティング業をやっている高田としては本当は誰にも
教えたくない1冊なんです。

 

GW中に久々に読み返したのですが、「やはり良書だな」と、

とても学びのある1冊だったのでシェアすることにしました。

 

 

経営者のお薦めの1冊はコレ!

 

で、もったいぶらずに早く教えろって話だと思いますので、さっそく。

こちらです↓

 

『社長業~儲かる会社をつくる社長の戦略実務~』
(産業能率大学出版部刊・著:牟田学)

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4382047617/

 

著者の牟田学氏は、日本経営合理化協会の創立者。

 

恐らく、50~60代の経営者の方ならご存知な人も多いでしょう。

 

同書の刊行は1982年と、30年以上も前のもの。

 

しかし、まったく色あせないのは、普遍的かつ本質的な企業経営の
原理原則が書かれているからに他なりません。

 

 

2つの儲かる会社への転換方法

 

高田からみての注目ポイントは、たった1つです。

 

それは、

 

『事業には2つの異なるタイプが存在し、そのどちらに該当するかによって、

儲かる体質へ転換する方法が違う』

ということ。

 

これを読んだ時は、「なるほどー!」と思わず唸りたくなりました。

 

色々と書きたいことはありますが、同書について詳しく説明することは控えたいと思います。

(読んで欲しいので!笑)

 

中小企業経営者は当然のこと、個人事業主のような1人起業家の方にも
お勧めしたい1冊です。

 

『社長業~儲かる会社をつくる社長の戦略実務~』
(産業能率大学出版部刊・著:牟田学)

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4382047617/

 

ということで、今日はこの辺で!

 

この記事を書いた人

高田 晃(Hikaru Takada)

(実は色白。)

関連記事

手帳ライフはこちら 手帳ライフはこちら