1人ビジネス・小さな会社に役立つ経営&販促ノウハウ

【IT導入補助金】3次公募の受付が間もなくスタート

【IT導入補助金】3次公募の受付が間もなくスタート

 

こんにちは、ラグランジュポイントの高田です。

 

経済産業省が管轄する「IT導入補助金」

 

我々のような小さな会社1人起業家がネット集客を推し進めていく上では、是非とも活用したい制度だと思います。

 

国としては、IT弱者の小さな会社に、経営の生産性を高めてもらいたい。

 

この1点の狙いから、昨年度と比べて予算5倍・採択数10倍と規模が拡大された訳です。

 

 

早いもので、平成29年度補正(実質平成30年度)の「IT導入補助金」は、2次公募の申請受付が本日8月3日(金)で締め切りとなります。

 

弊社経由で、2次公募に申請頂いた事業所様には、この場を借りて御礼申し上げます!

 

そして、今月中旬(8月20日頃)には、3次公募の申請受付がスタートします。

 

続々・・・、という感じですね。

 

 

 

改めて、IT導入補助金のメリット・デメリット

 

IT導入補助金を活用するメリットは、資金的負担を国が補ってくれることの1点に尽きるでしょう。

 

最大50万円までが補助される訳なので、我々のような小さな会社や1人起業家にとっては大きな金額なのではないでしょうか。

 

ただ一方で、デメリットも存在します。

 

あくまで私が思いつく範囲で羅列してみると、、、

 

●申請手続きに、多少なりとも労力を要する

●しかし、必ず採択される保証はない(当たり前ですが)

●向こう5年間、事業進捗の報告義務が発生する

 

 

ざっくりであれば、この程度でしょうか。

 

以上を踏まえて、「メリット」と「デメリット」を天秤にかけると、やはり活用しない手はない、というのが私の所感です。

 

 

 

ウチのような小さな会社でも対象になりますか?

 

これ、実は一番ご相談頂くものです。

 

結論としては、そもそもこの補助金制度自体が小さな会社向けですので、規模の小ささは問題ありません。

 

「IT導入補助金」は、基本原則として法人登記している中小企業のみならず、個人事業主であっても申請対象となります。

 

法人であれば、法人登記時の情報と、現在とで変更点(例えば、住所など)がなければ、問題なく申請可能。

 

一方、個人事業主の場合は、「開業届けの写し」「免許証」があれば申請できます。

 

ちなみに「免許証」は、本当に実在する人間なのか確認するためのようです。

 

ご参考までにですが、弊社でIT導入補助金を申請代行する案件は、半数が法人、半数が個人事業主のお客様、という感じです。

 

 

 

どんなことを補助金で賄えるのか?

 

弊社がご提案している範疇で、どのようなケースがあるかをご紹介すると・・・

 

●ホームページを新しく作りたい

●WordPressでブログサイトを構築したい

●上記に付随して、ネット集客のコンサルを受けたい

 

 

これらは全て、補助金の対象となります。

 

ちなみに、同じホームページでも、「リニューアル」は対象として認められておりません

あくまで、「新規制作」が対象となります。

 

しかし、この辺の定義が実は曖昧で、仮にリニューアルであったとしても、「新規制作」として見なしてもらえる方法はありますので、詳しくは直接ご相談下さい。

 

IT導入補助金の公式サイトはこちら↓

IT導入補助金 公式ホームページ

 

まずは一度、相談したいという方は、弊社までお気軽にご連絡下さい↓

<問合せ先>
株式会社ラグランジュポイント お問い合わせページ

 

 

この記事を書いた人

高田 晃(Hikaru Takada)

(実は色白。)

関連記事

手帳ライフはこちら 手帳ライフはこちら