1人ビジネス・小さな会社に役立つ経営&販促ノウハウ

ランディングページ作成の費用感とは?予め知っておきたい制作外注時の価格の相場

ランディングページ作成の費用感とは?予め知っておきたい制作外注時の価格の相場

 

「DB(データベース)」のことを、「ディービー」ではなく「でーびー」と言う人がいると、別に間違っていないのになぜかニヤけてしまいます。

 

 

こんにちは、高田です。

 

Webマーケティングには、ランディングページが必要不可欠。

 

しかし、売上げに直結するような“ちゃんとしたランディングページ”を作ろうとすると、我われのような中小零細企業にとってはかなりハードルが高く、外注を視野に入れざるを得ません。

 

しかし、外注すると何だか高そう・・・。

 

ということで、ランディングページ制作に要する費用の「相場」について解説したいと思います。

 

 

 

そもそも、ランディングページとは?

 

まず、ランディングページというものが何なのかについて一応触れておきたいと思います。

 

ランディングページとは、「Web化されたチラシ」と解釈頂くと分かりやすいでしょう。

 

よくあるご質問に、「ホームページとランディングページの違いが、いまいち分からない」というものがあります。

 

シンプルに例えて回答すると、ホームページは“会社案内パンフレット”、ランディングページは“商品チラシ”ということになります。

 

つまり、ランディングページは、特定の商品をアピールするためのチラシですので、ホームページよりもその商品に特化して情報掲載できるので、訴求力が高まるというメリットがある訳です。

 

ランディングページの導入メリット等に関する詳細は、こちらの記事が参考になると思いますので、合わせてご覧下さい↓

 

初心者でもわかるランディングページの作り方とポイント

 

 

 

ランディングページ制作に要する費用の相場

 

 

さて、ここからが本題ですね。

 

ランディングページの制作を外注すると、いくらかかるのか?

 

まず前提ですが、具体的な費用感は、外注先がWeb制作会社なのかネット広告代理店なのか、はたまたフリーランスのデザイナーなのか等々・・・、依頼先によってかなり異なります。

 

また、原稿は自分で準備してデザインだけをお願いするのか、はたまた全てを丸っとお願いするのか。原稿は用意したとしても、テキストの添削、つまりコピーライティングまでお願いするのか、写真素材は自分で用意するのか、などなど・・・。

 

ひらたく言うと、外注先に対する自社の協力度合いによっても、当然ですが見積額は変わってきます。

 

 

これ、実は私の著書でも詳しく書いてましたね。

(この記事を書きながら、いま思い出しました・・・)

 

 

 

 

 

ということで、ここまでの前提を踏まえたうえで、ざっくりの相場比較をしてみたいと思います。

 

ページに必要な「原稿」「写真素材」は自社で準備して、それをベースに「ページ構成」から「デザイン制作」までを外注したと仮定します。

 


● Web制作会社に依頼 ・・・20~30万円/ページ

● ネット広告代理店に依頼 ・・・15~20万円/ページ

● フリーランスに依頼 ・・・10万円前後/ページ

 

※あくまで価格は、筆者の経験からくる感覚によるものです(が、概ね外していないと思います)


 

ちなみに、余計なことまで書きますと、上記のような受託側(外注される側)からすると、ビジネス視点において、ランディングページ制作は“うま味”があまり在りません。

 

「1枚作って、いくら」という単発の仕事の割には、ホームページ制作のように大きな単価を取れないためです。

 

 

 

ランディングページ制作を外注する際の注意点

 

 

ランディングページ制作を外注する際には、1つだけ注意点があります。

 

それは、「ただページを作れる人」「売れる(集客できる)ページを作れる人」が存在するということです。

 

画像編集ソフトHTML(Webの言語)を操れるから、「ランディングページ作れますよ」っていえるかと言えば、ちょっと違ってきます。(あくまで筆者の私見ですが)

 

別の表現をするならば、その作り手は「デザイナー」なのか、それとも「マーケッター」なのか。

ということです。

 

当然ですが、売る(集める)ためにはマーケティング視点が必要になるため、軍配が上がるのは後者です

 

とくにランディングページ制作においては、「コピーライティングの技術」がかなり成否を決定付けます。

 

 

 

自分で作ってしまうという選択肢も

 

「いやいや、たかがページ1枚にそんなお金出せない・・・」

 

中小零細企業や個人事業主の方なら、そういう感想を持たれても不思議ではありません。

 

その場合は、自分で制作してしまうという手段もあります。

 

その際に私がお勧めするものが『ペライチhttps://peraichi.com/)』という、サービスです。

 

『ペライチ』を活用することによって、多少の労力を惜しまなければ、たとえWeb初心者であってもランディングページを自分でつくることができます。

 

まずは無料プランからスタートすれば、コストはゼロです!

 

 

 

まとめ

 

今回は、ランディングページ制作における費用の相場をお伝えしました。

 

見積りをとっても、「いくらぐらいが妥当なのかが分からない」とならないためにも、当記事で予め把握しておいて下さい。

 

 

この記事を書いた人

高田 晃(Hikaru Takada)

(実は色白。)

関連記事

手帳ライフはこちら 手帳ライフはこちら