1人ビジネス・小さな会社に役立つ経営&販促ノウハウ

なぜ、素人のYouTube動画でも「問合せ」が殺到するのか?

なぜ、素人のYouTube動画でも「問合せ」が殺到するのか?

 

 

こんにちは、高田です。

 

前回は、「スマホ1台・コスト0円で新規客を集める方法」ということで、YouTubeを活用した動画施策についてご紹介させて頂きました。

 

「まだ読んでない!」という方はこちら↓

 

スマホ1台・コスト0円で新規客を集めるYouTube動画活用法とは?

 

 

そして今回は、YouTubeを活用した動画集客について、もう少し詳しく解説を進めたいと思います。

 

 

 

なぜ、「問合せ」が殺到するのか?

 

 

スマホで撮影したカンタン素人動画で、ホームページ経由で法人からの「新規問合せ」を次々と獲得している企業がいます。

 

 

このように、YouTube施策は、BtoB業種であっても充分効果が見込めます。

 

かくいう、弊社もYouTubeの恩恵を受けている1社。

 

よく講師業をやっている方から、

 

「何でそんなに講師依頼が来るんですか?」

 

と聞かれますが、理由は簡単。

 

YouTubeに、セミナーをやっている動画がたくさん投稿されているからです。

 

講師を依頼する側であるセミナー主催者からすると、一番怖いのは「コケる」こと。

 

 

つまり、役立つ話を、退屈しないように話せるのか?

 

という講師の力量を気にしている訳です。

 

したがって、事前に動画で登壇シーンを確認できると安心できる訳ですね。

 

 

 

YouTube施策のポイント

 

 

そんなYouTube施策。

 

ただ闇雲に動画を投稿すれば成果が出るほど甘くはないです。

 

やはり、いくつか「肝」ともいうべきポイントが存在します。

 

これまで何人ものクライアントをサポートしてきた経験から、分かってきたYouTube施策のポイントです。

 

具体的には、以下4つです。

 

(1)2~3分の動画でOK

(2)1動画1メッセージ

(3)大量投稿

(4)顔出し

 

それでは、1つ1つ詳しく解説を進めます。

 

 

 

2~3分の短編動画でOK!

 

 

「動画はどれぐらいの長さが良いですか?」

 

これはYouTube施策についての、よく頂くご質問です。

 

結論としては、動画1本あたり2~3分でOKです。

 

ここでの本質は、「短くて良い」ということなので、1~2分でも結構ですし、逆に4~5分でも問題ありません。

 

要は、あまり長くしても視る方が大変になるだけで、あまり得られるメリットがない訳ですね。

 

ということで、簡単にサクッと2~3分程度の動画を撮るぐらい軽い気持ちでトライ頂いてOKです。

 

 

 

1動画1メッセージで撮影する!

 

 

これが、YouTube施策のポイントの2点目です。

 

1つの動画につき、伝えるメッセージは1つまで

 

と心掛けると、視る側にとって分かりやすい動画になります。

 

何よりも、1つの動画であれもこれも・・・、と伝えようとすると、2~3分には収まりませんからね。

 

 

 

ということで、長くなりましたので今日はここまで。

 

残りのポイントについては、次回以降で詳しく解説させて頂きます。

 

乞うご期待!

 

 

 

この記事を書いた人

高田 晃(Hikaru Takada)

(実は色白。)

関連記事

手帳ライフはこちら 手帳ライフはこちら