1人ビジネス・小さな会社に役立つ経営&販促ノウハウ

ウェブ&SNSを活用したパーソナルブランディングで得られる効果と実践法【成功事例付き】

ウェブ&SNSを活用したパーソナルブランディングで得られる効果と実践法【成功事例付き】

 

こんにちは、高田です。

 

突然ですが、あなたは「パーソナルブランディング」って、意識されたことありますでしょうか?

 

パーソナルブランディングとは、パーソナル(個人)の、ブランディング(イメージ・共感・信頼・価値の向上)です。

 

ここ数年で、パーソナルブランディングに関心を持つ経営者やビジネスパーソンが急激に増えてきました。

 

その理由は、個人としてのブランディングが、売上げなどの業績や収入に大きく関わるようになってきたためです。

 

きちんとした調査をした訳ではありませんが、中小零細企業や個人事業主、フリーランス等の小さな会社であれば、なおさらその傾向が強くなるというのが、私の考えです。

 

したがって、「小さな会社や個人にはパーソナルブランディングが必須」というのが結論です。

 

しかも、いっけん難しそうに聞こえるパーソナルブランディングは、ウェブやSNS等の活用によって、1人であっても1日で始めることができます。

 

そこで当記事では、パーソナルブランディング、特に私の専門であるウェブやSNSを活用したブランディング方法について、そのメリットや成功事例、実践法まで解説したいと思います。

 

 

 

パーソナルブランディングが必要な理由

 

中小零細企業やフリーランス等の個人事業主にとって、パーソナルブランディングが必要になってくる理由は、いたってシンプルです。

 

それは、「顧客に選ばれ続けるため」です。

 

 

例えば、税理士や行政書士といった士業の場合、同じような資格やスキルを持った人が有象無象に多数存在します。

 

顧客はインターネットを駆使し、安いサービスを探すか、実績や知名度のある人に仕事を依頼するのが当たり前になってきました。

 

特に、士業の場合は「その人自体が商品」のようなものですから、パーソナルブランディングによって自分自身の価値(商品価値)を高める努力が必要になってくるわけです。

 

これは、何も士業に限った話ではなく、サービス(商品)内容自体では差別化の難しい業種においては、他社とは違う価値を提供しないと生き残ってはいけないという理由から、同じことが言えてきます。

 

また、商品やサービスが溢れている現代においては、顧客は「何を買うか」よりも「誰から買うか」を重要視し始めています

 

これもパーソナルブランディングが必要となっている理由の1つです。

顧客はパーソナルブランドのない人(会社・お店)より、ある人(会社・お店)の言葉を信じて購入を決定します。

 

 

 

中小零細企業は「社長のパーソナルブランド=企業ブランド」

 

私は、これまでセミナーやコンサルティングの場を通じて多くの中小零細企業に接してきましたが、従業員30名未満の小さな会社の場合、「社長のパーソナルブランド=企業ブランド」となっていることが大半であることに気付きました。

 

例えば、いまは「なかなか人が採れない」採用難といわれてますが、それでも新卒や中途採用に成功している企業は存在します。

 

そんな会社に共通している点は、社長のパーソナルブランドの高さです。

 

パーソナルブランドのある経営者のもとには、顧客だけでなく、人やチャンスが自然と集まり易いという訳です。

 

このように、パーソナルブランドは様々なビジネスシーンにおいて求められており、今後その必要性は益々高まっていくと安易に想像できます。

 

 

 

パーソナルブランディングの効果

 

では、パーソナルブランディングに取り組むことによって得られる効果・メリットとして、どのような点があるのでしょうか?

 

私の考えとしては、大きく4点挙げられます。

 

 

1.価格競争から解放され、客単UPを図れる

パーソナルブランディングによって競合と差別化され、いわゆる「相見積もり」は無くなります。

想像してみて下さい。たくさんの顧客から「〇〇さんから買いたい」「〇〇さんの会社にご依頼したい」と言われるようになったら嬉しくありませんか?

 

2.ファンが生まれ、リピート率が向上する

パーソナルブランドが確立されてくることによって、競合と差別化されていき、結果的に顧客から選ばれやすくなります。つまり、「指名買い」が起こり始める訳です。

 

3.紹介が増える

3点目のメリットは、周囲からの「顧客紹介」が起こりやすくなることです。

理由は簡単。紹介者が「紹介しやすくなる」ためです。

「〇〇のことなら、××さん」

パーソナルブランディングによって、そんなイメージが周囲に醸成されるわけです。

 

4.好きな仕事だけを選んで、売上・利益を上げられる

一番のメリットは、この1点に尽きます。

パーソナルブランドが確立されると、「顧客側から選ばれる存在」となるため、こちら側から売り込まなくても売れるようになります。

結果的に、自分の強みを発揮できる“好きで得意な仕事を選ぶ側”に回ったとしても、売上・利益を順調に伸ばすことができるでしょう。

 

 

 

パーソナルブランディングの成功事例

 

では、パーソナルブランディングによって得られるメリットを、より具体的にイメージして頂くために、ここで成功事例をご紹介したいと思います。

 

ちなみに、私の専門は「小さな会社」ですので、ご紹介する事例はすべて従業員30人未満の中小零細企業・個人事業主のものです。(大企業には興味なしw)

 

 

●地元を代表する“お客様から指名される先生”になった行政書士

YouTube動画とSNSを活用して、対外的に情報発信。同業者との差別化に成功し、今では“売り込まなくても指名される”ようになり、地元を代表する行政書士に。

 

※パーソナル性(個性)が問われる士業・コンサルタント業は、パーソナルブランディングとの相性が極めて良く、成功事例が多数存在します

 

 

●好きな仕事だけを選んで業績150UPの小さな工務店

ホームページとSNSの活用で、大手ハウスメーカーとの競合から脱却。無理な“安請け”はせず、自社の強みが活かされる仕事だけを選んで請け負っても昨対150%以上の業績UP。

 

 

●廃業寸前から“予約待ちの行列”ができる状態にまでV字回復したエステサロン

競合との価格競争に疲弊気味。さらには、廃業寸前に。しかし、対外的な「魅せ方」の重要性に気付き、パーソナルブランディングを意識したブログとSNSの活用を開始。現在は「広告無し」でも予約待ちの行列ができるエステサロンへとV字回復。

 

 

●講師のパーソナルブランディングで地域No.1になった英語教室

英語教室にとっての商品は、教材でもカリキュラムでもなく在籍講師。そこで、ホームページ&ブログ&SNSで講師1人1人をブランディング。多様性のある講師陣が魅力となり、地域ナンバーワンの英語教室にまで成長。

 

 

 

ウェブ&SNSを活用すれば自分1人、1日で始められる

 

「ブランディング」と聞くと、少し難しそうに感じてしまうかもしれません。

 

しかし、パーソナルブランディングは、身近なウェブやSNSを活用することで、誰でも自分1人、1日で始めることができます。

 

今あなたが使っているFacebookやインスタグラム、YouTubeなどの活用法に「魅せ方」という要素を加えるだけです。

 

 

 

但し、ただ情報発信するだけではダメです

 

ここまでの解説の通り、SNSやウェブを活用すれば、パーソナルブランディングは自分1人、1日で始めることができると思います。

 

では、SNSでただ情報発信すればいいかと言うと、そうではありません。

 

まずは、外部からどんなイメージを持ってもらいたいか?という「魅せ方」を検討する必要があります。

 

また、対象ターゲットを明確にし、その特性に応じて「どのウェブやSNSを活用していくか?」というメディア戦略も必要となってきます。

 

あなたのビジネスやターゲットによっては、Facebookもインスタグラムも“あえて使わず”、YouTube(動画)だけを使って情報発信していくという場合もあるかもしれません。

 

例えば、研修講師の方が「講師としてのステータスを守るため」に、パーソナル性の高いSNSの活用はあえて控えて、ブログのみで自分の専門領域の情報を発信していく、なんてケースもありました。

 

このように、自身のビジネスや対象ターゲットに応じて、活用する媒体と発信する情報をきちんと定めるという視点がパーソナルブランディングには必要となってきます。

 

まとめ

 

中小零細企業やフリーランスの場合、個人のブランディングが、売上げなどの業績や収入に大きく関わるようになってきました。

 

そのような時代背景から、「小さな会社や個人にはパーソナルブランディングが必須」と結論付け、その効果や成功事例をご紹介させて頂きました。

「パーソナルブランディング」と聞くと、いっけん難しそうに感じるかもしれませんが、当記事で解説させて頂いた通り、身近なウェブやSNSを活用することによって、誰でも1日で始めることができます。

 

ぜひ、この記事を参考に、自社(自分)の対外的な「魅せ方」について検討してみて下さい。

 

※パーソナルブランディングのセミナーを開催します。

こちらも合わせて、チェックしてみて下さい↓

 

パーソナルブランディング1Day実践講座

 

この記事を書いた人

高田 晃(Hikaru Takada)

(実は色白。)

関連記事

手帳ライフはこちら 手帳ライフはこちら